塗り壁を使って思い通りの色と機能性を【自由加工の素敵デザイン】

イメージを覆す

日本の心という想像

作業員

塗り壁という言葉を聞いて多くの人が思い浮かぶのは、ちょっと古ぼけたアパートや田舎の和風建築の壁のような、触るとざらつくような壁でしょう。また、人によっては鳥取県境港市発の妖怪作品に登場する「あいつ」を思い出すかもしれません。いずれにせよ、現代人にとって塗り壁という存在は、何らかの形で日本の心という印象が強い存在で、そのイメージを元に想像されることが多いです。
その状況を一変させるべく、塗り壁メーカーは様々な努力と研究を重ねて、現代の建築において様々な優れた部分を再発見して、その価値を提案しています。もっといい家に住みたいと思う気持ちが少しでもあるのなら、塗り壁の導入を検討するのは良い選択肢です。古臭いように思えるようでいて、今では新しい選択になるともいえます。
温故知新という言葉があるように、昔から伝わっている物の価値にはそれなりの意味があります。そこを考えると、日本の住宅において塗り壁を選択するのには間違いなく良い成果を期待できます。

風土との相性

塗り壁という文化が日本の住宅でずっと使われてきているのには、日本の風土との相性が良いという側面が関わっています。
理由もなく、長く使われているものはありません。塗り壁もしかりで、日本人の生活とマッチしているからこそ長く使われてきているといえます。その意味を再認識させてくれる現代の塗り壁に、注目しない手はありません。